風狂盲人日記 ㉙ 新聞記者冥利

従心会倶楽部の顧問で国際教養大学名誉教授の勝又美智雄先生は、数年前緑内障の悪化で失明され、ご不自由な生活を余儀なくされておられます。
このような中、近況を「風狂盲人日記」としてご寄稿いただいておりますのでご紹介させていただきます。今回のテーマは「 新聞記者冥利」です。

株式会社従心会倶楽部 顧問
国際教養大学 名誉教授

勝又 美智雄 先生

2024年3月26日

 あれからもう20年経ったか、と感慨を催す。2004年3月に新聞記者を辞め、翌4月から大学教授に転身した。日本経済新聞に勤め始めたのが1972年。記者生活を32年送り、定年まで勤め続けるつもりだった。それを辞めたのは大学時代の恩師中嶋嶺雄(東京外国語大学前学長)から、「秋田に全く新しい大学を作るので手伝ってほしい」と頼まれたからだ。記者時代から日本の教育制度のおかしいところに不満を感じ、取り分け大学教育のあり方に強い疑問を持っていただけに、「国際競争力の高い大学を作って、本当にグローバルに活躍できる人材を育てたい」という先生の情熱に共感したため、ほとんど迷うことなく承諾した。

 学生時代には別に新聞記者を強く志望していた訳ではない。公務員や銀行マンなど「安定した職業」には何の魅力も感じず、商社か出版社などが面白そうだと思っていたのだが、たまたま大学事務局の親しい学生課長から、「日経新聞の学内応募締め切りが今日だ。君には向いているのではないか」と声をかけられ、気軽に募集要項にサインしたに過ぎない。新聞記者の募集枠が約50人、それに応募者が全国から2000人以上いると聞いて、「何の準備もしていないので、とても受かる訳がない」と半ば気軽な「お試し」気分で受けた。それが予想に反して、一次の筆記試験、二次の集団面接、三次の役員面接とあっさりパスしてしまったので、他の入社試験を受ける気も無くなって記者となった。

 2週間の研修の後社会部に配属され、当時スト権ストで揺れていた国鉄の春闘を取材し、大気汚染による光化学スモッグで東京練馬の中学校の生徒達がバタバタ倒れる事件を取材することが記者生活のスタートとなった。担当部署として東京都庁、国会、警視庁、文部省、宮内庁などを歴任し、特に選挙取材、総会屋・暴力団対策、教育問題で、それまで全く紙面で扱われることのなかった問題を企画記事として取り上げた。学生時代から通訳のアルバイトをした体験を生かして、来日する外国人のインタビュー記事を積極的に書き、「紙面の国際化」の一翼を担ったと自負している。

 81年には米スタンフォード大学が日経新聞社に、「日本のプレゼンスが高まっているので、日本の政治、経済、社会問題など幅広く英語で議論できる記者を送ってほしい」と要請があり、私が選ばれることになった。滞在費は大学持ち、交通費と生活費の一部を日経が負担するという取り決めで、丸7ヶ月間、アメリカの記者12人とヨーロッパ・アジア5人のジャーナリズムフェロー(研究員)として毎日あれこれ議論した。

 新聞記者ほど面白い仕事は無いと心から思い、毎日人に会って当事者から直接詳しい話を聞き、それを紙面に書き続ける魅力にのめり込んでいった。私が中心になって取材・執筆した社会面長期連載「サラリーマン」が菊池寛賞を受賞したのは望外の驚きであり、喜びだった。社会部では夏休みや正月企画を主に担当し、それまでの日経紙面にない面白い連載を沢山書くことができたし、サウジアラビアに1ヶ月滞在し、82年正月には夕刊一面に「サウジ昨日今日」と題する現場ルポを14回書かせてもらった。日経朝刊文化面の看板コラム「私の履歴書」に初めて外国人としてフルブライト元米上院議員を登場させ(91年5月)、2001年10月にはジャック・ウエルチ米GE会長、02年10月にはルー・ガースナーIBM会長も登場させた。記者として数えきれないほどの人にインタビューし、それを基に「人間発見コラム」で山口昌男(人類学者)、嵐山光三郎(作家)、富司純子(女優)、モンデール駐日大使夫人などを連載した。新聞に書ききれなかった取材の内幕話や社会問題についての自分の主張などについては、外部の雑誌に請われるままに大量に書いた。法務省の外郭団体・入管協会の月刊誌『国際人流』には、親しい編集長の依頼を受けて「人流インタビュー」を約10年間にわたって連載した。記者としての最後の大きな連載記事は、2002年4月「日本語教育の新世紀」と題し、留学生受け入れ問題や出稼ぎ外国人の受け入れ、日本語学校の実態などを詳しくルポした。振り返ってみれば、実に毎日が面白く、年末年始も盆も正月もない忙しい毎日だったが、正に「仕事が趣味」の生活に浸りきっていた。

 04年3月中旬、中嶋先生の勧めに従って、私の退職記念、というより「新しい門出を祝う会」(会費1万円)を日本プレスセンターの大ホールで催した。呼びかけ人は中嶋先生、杉田亮毅日経社長、遠山敦子文部科学大臣、江副みどり出版社社長で、実に370人が出席してくれた。ロサンゼルス特派員を辞める時に現地の商工会議所、日本企業団体などが私の送別パーティーを企画してくれた時も、300人以上の人がリトル東京のホテルニューオータニの庭園に集まってくれた。ロサンゼルスでも東京でも、一新聞記者の送別パーティーにこれだけ外部の人が集まったというのは前例がないとのことで、私自身記者として、集まった人たち全員と取材を通して知り合ったことを思い出しながら感謝感激だった。誠に新聞記者冥利とはこのことだと実感したものだった。

(つづく)

 

NPO法人ゆい思い出工房の理事会に大谷代表が出席

2月22日、浦安市で開催されたNPO法人ゆい思い出工房の理事会に従心会倶楽部の大谷代表が出席されました。大谷代表はゆい思い出工房の監事に就任されておられます。
この理事会では、3月15日(金)~20日(水)に開催される「第2回絆100公募展Webフォトコンテスト写真展」の運営を中心に話し合いがおこなわれました。

向かって右が青木理事長、左が吉村理事(浦安市議会議員)

NPO法人ゆい思い出工房主催 第2回絆100公募展 Webフォトコンテスト 写真展のご案内

従心会倶楽部と連携しておりますNPO法人ゆい思い出工房では、この3月15日(金)~3月20日(水)まで浦安市の浦安市民プラザにおいて、「第2回絆100公募展 Webフォトコンテスト 写真展」を開催致しますのでご案内申し上げます。
この写真展には従心会倶楽部も協賛しておりますので、たくさんの皆様のご来場をお待ちしております。

日時:2024年3月15日(金)~3月20日(水)9:00~17:00
              (3月20日は15:00まで)
場所:イオン新浦安ショッピングセンター4F
   浦安市民プラザWave101 市民ギャラリー
   千葉県浦安市入船1-4-1
展示:素敵な「人と人との絆」・・・そのイメージは?と問いかけ、
   全国からwebで応募いただいた写真にコメントを添えた作品の
   中から、入選された100作品を展示します。
主催:NPO法人ゆい思い出工房
協賛:株式会社従心会倶楽部

NOP法人ゆい思い出工房について
ゆい思い出工房は「人と人をアートで結ぼう」という理念で2009年にNOP法人として認可され、「ゆいの輪」を広める活動を行っております。家族・社会の「絆」が最も大切であることは東日本大震災やコロナ禍を経験し、万人の認めるところとなりました。ゆい思い出工房は、地域、歴史、偉人等「ゆいの輪」運動で社会に貢献しておられます。


代表者:理事長 青木 豊 氏
〒279-0021 千葉県浦安市富岡3丁目3番C-211
Webサイト:https://www.yui-omoidekobo.org/

風狂盲人日記 ㉘ ビバ!! オキナワ

従心会倶楽部の顧問で国際教養大学名誉教授の勝又美智雄先生は、数年前緑内障の悪化で失明され、ご不自由な生活を余儀なくされておられます。
このような中、近況を「風狂盲人日記」としてご寄稿いただいておりますのでご紹介させていただきます。今回のテーマは「ビバ!! オキナワ 」です。

株式会社従心会倶楽部 顧問
国際教養大学 名誉教授

勝又 美智雄 先生

2024年2月29日

 15日(木)から18日(日)まで沖縄に行ってきた。この20年以上、毎年1~2回は沖縄に旅行するのを慣例としてきたが、コロナの影響と視覚障害が重なって、実に4年ぶりの沖縄旅行となった。暖かい南の島の潮風を肌で感じ、現地の親しい人たちと会ってオリオンビールと泡盛で乾杯し、ミミガー、ジーマミー豆腐、島ラッキョウに海ブドウなどをツマミに話題は尽きない。島唄ライブの居酒屋で三線と太鼓の音を楽しみ、馴染みのカラオケバーにも立ち寄って、美人ママのプロ級の歌唱力で私の好きな「芭蕉布」「童神(わらびかみ)」を聴かせてもらった。

 沖縄には、1982年に本土復帰10周年の模様を取材するために訪れたのが最初だった。太平洋戦争時の米軍による「鉄の嵐」の爆弾で数十万人が死傷し、戦後も72年まで米軍統治下にあった。日本本土を守る犠牲を強いられてきた地だが、そこに住む人たちは明るく、大らかに、したたかに自分たちの生活を守り、独特の歴史と文化をしっかりと守り続けてきている。

 今回は大学の同級生Hと妻に同行してもらうことで、那覇の県庁駅前のホテルに3泊し、毎日タクシーであちこち出かけた。平和祈念公園は20年ぶりくらい。数年前に漏電事故で焼失した首里城の復元工事の現場にも行き、全国から集まった宮大工達が基礎工事している模様を教えてもらった。那覇市内の有名な牧志市場も3年がかりで全面的に建て替えられ、綺麗になったという。その2階で、市場で注文した魚を料理してもらったのに3人で舌鼓を打った。

 私が沖縄に魅せられた理由の一つに、那覇出身の同級生から強く誘われたことがある。沖縄を訪れる度に彼と市内のあちこちの島唄ライブや居酒屋、粗末な食堂を巡り歩き、深夜まで沖縄の生活や米中対決の前線基地としての国際政治問題について語り合った。彼は数年前に病死したが、その息子が県庁職員として活躍しており、沖縄に行く度に親切に歓迎して沖縄の最新事情を詳しく教えてもらっている。

 今回特に印象深かったのは、南城市にある沖縄インターナショナルスクール(OIS)を訪ねて、小学5年生の研究発表を聞いたこと。OISは保育部から高校までで全校生徒約200人。それに欧米・アジアなど10ヵ国以上から集めた教師が40人で、少人数教育に徹している。この学校経営者知念正人さんを7年前に取材した折、教育論ですっかり意気投合し、その国際バカロレア(IB)方式を導入した教育に賛同してきた。IB方式は生徒の知的好奇心を刺激して、自分の好きなテーマで新聞・雑誌からインターネットなど手に入れられる情報を調べ、仲間たちと議論し合いながらまとめていく。授業はすべて英語で行い、その成果を父兄や一般市民に公開するもので、この日は小学5年生の生徒達4組の発表を聞いた。1組20分の持ち時間で、それぞれ自分の体験や身近な見聞を基に、海の生物の生態、自然保護、人種差別、障害者に住み良い街づくりなどをテーマに、流暢な発音で論旨明快に元気良く発表するのに感心した。せっかくの機会なので4組の発表に一つ一つ私なりに英語でコメントをしたが、生徒達の発表の質、内容の高さを、普通の中学・高校レベルのものだと褒めた。生徒達は調べたことを黒板やポスターにまとめ、動画まで作って示していたが、残念ながら私にはそれらは見えない。だが、しっかりとしたプレゼン力はよく分かり、どれだけ準備したかを聞くと、この1週間に20回以上声に出して繰り返し練習したとのことだった。

 日本の公教育では、文科省の細かな学年別学習指導要領に縛られ、小学生が中学・高校レベルのところまで学ぼうとするのを抑えることが事実上普通になっている。その「一律・平等」主義が子供たちの知的好奇心を自由に伸ばすことを抑えているのが実態だ。OISのようにIB方式を導入して子供たちが積極的に先の先まで考えていくことを促す教育が、公教育の弊害を切り崩す突破口になると私は考えていた。実は文科省もこうしたIB教育の導入を認めているのだが、現在では全国でもごく僅かの学校でしか採用されていない。その理由は、教師にそれだけの優れた指導力が必要とされるからだ。OISが今後一段と成果を高め、望ましい教育のモデルケースになることを期待している。発表を聞いた後、地元の主婦に呼び止められた。7年前にOISが主催した琉球新報ホールでの私の特別講演会に親子で参加した聴衆の一人で、私の講演に刺激されて子供が現在秋田県にある国際教養大学に進学して、元気に勉強しているという。その感謝の言葉を聞いて、私の方こそ予想外の嬉しい報告だと感謝した。

(つづく)

野口敬人税理士事務所の野口所長が来社

2月13日、野口敬人税理士事務所の野口税理士・所長が来社され、意見交換を行いました。
同事務所は、最近新たに武蔵野市に税理士事務所を開設されました。

右から1人目が野口敬人税理士法人の野口所長

野口敬人税理士事務所
代表者:税理士・所長 野口敬人氏
所在地:〒180-0006 東京都武蔵野市中町1丁目9番1号
              岩崎エステートビル3階
Mail:takahito.nogutchi.kaikei@gmail.com

風狂盲人日記 ㉗ 天災と人災

従心会倶楽部の顧問で国際教養大学名誉教授の勝又美智雄先生は、数年前緑内障の悪化で失明され、ご不自由な生活を余儀なくされておられます。
このような中、近況を「風狂盲人日記」としてご寄稿いただいておりますのでご紹介させていただきます。
今回のテーマは「天災と人災」です。

株式会社従心会倶楽部 顧問
国際教養大学 名誉教授

勝又 美智雄 先生

2024年1月吉日

 昨年末、大学の教え子がご主人と4歳の娘を連れて我が家に来てくれた。昨夏会って色んな話をした時「目が不自由な先生のためにプレゼントします」と言ってくれたAmazon社のスマートスピーカー「アレクサ」を持参し、コンピュータエンジニアのご主人が私の机の上にセットしてくれた。ダチョウの卵ほどの大きさで、これに「アレクサ、ラジオのNPR(全米公共放送)を聴かせて」と言えば、すぐに放送局を探し当てて流してくれる。音楽で「さだまさしの歌を聴かせて」と言えば、即座に『関白宣言』から『精霊流し』、『風に立つライオン』などまで、1時間ヒット曲が流れる。「Audibleで大沢在昌の『新宿鮫』を聴かせて」と言えば、その作品の朗読が始まるといった具合で、盲人にとって便利この上ない。新年に向けて素晴らしいお年玉をもらったと喜んで、深く感謝した。

 新年は穏やかに始まると、元旦にラジオのBBC(英国営放送)を楽しんで聴いていたら、夕方地震が起きた。揺れ具合から東京で震度3あるかないかの揺れだな、たいしたことないだろうと思ったら、石川県能登地方でマグニチュード7.6、最大震度も7あったと聞いて驚いた。正月に実家で家族全員で楽しく過ごしている家庭も多かっただろうし、観光地が多いのでお正月ゆっくりと温泉を楽しむ客たちも多かったに違いない。被害情報がなかなか分からず、ニュースを聴いていてイライラさせられた。

 2日には羽田空港滑走路で日航機と海上保安庁の小型機が衝突する事故が発生し、更に驚いた。大型旅客機が頻繁に発着する滑走路に小型機が入ってくるということに呆れたが、管制塔との交信のミスか、パイロットの判断ミスか、これは事故と言っても人為的なミスによる人災としかいいようがない。

 3日午前2時のNHKラジオニュースで、被災状況の後「元日夜からSNSなどで様々なデマ情報が大量に流れています」とのコメントがあった。隣国(北朝鮮か中国)から核ミサイル弾が日本海に撃ち込まれ、そのため地震が起きたというもので、中には2、3年前の自衛隊最高幹部の記者会見のフィルムを編集して、さも今、日本が核攻撃されているという話を流しているSNSもあったという。

 それで思い出すのは、1923年(ちょうど100年前)の関東大震災の時、「在日朝鮮人、中国人が武装して暴動を起こし、日本中を大混乱に陥れようと井戸に毒薬を撒くなどしている」などというデマ情報が瞬く間に広がったことだ。各地域で住民たちの自警団が編成され、地域で見慣れない朝鮮人、中国人を次々に掴まえては暴行を加え、数千人が虐殺された。大きな天災の後にはこうした人災が付き物なのだが、今回も地震に乗じてそれを面白がってデマを捏造して流布する“愉快犯”が多数出たことも間違いない。幸い、今回はそうしたデマや流言飛語による人災はほとんどなかったようだが、SNSの発達と同時にそうした手の込んだデマや中傷がまき散らされることは避けようがないのかもしれない。

 地震の被害状況をずっと聴いていて腹立たしく思ったのは、自治体や政府の動きが決してスムーズではないことだ。大地震が起きれば道路が寸断され、水道・電気が止まり、救助活動も思うようにいかないのは当然だが、そうした事態になることを想定して、各自治体では防災マップやマニュアルを作成しているはずだ。それがいったいどの程度素早く対応できたのか。ラジオを聴いている限り、自衛隊の救援部隊が現地に到着してもなかなか動きが取れないとか、ボランティアの救助グループが活動しても、そうした動きが地元の自治体に現場の実態報告として上がらず、負傷者の救出などの人命救助がなかなか思うように進まないことが窺えた。

 日本はリスク・マネジメント(事前の危機管理)は普段から比較的よくできているが、クライシス・マネジメント(実際に事故災害が発生した後の危機管理)は不十分だとよく言われてきた。行政当局が発達しているが故に、警察や消防からの連絡は素早くても、それを基にどう救助をするか、救援体制をどう整えるかということはお役所仕事になって、なかなか素早く対応できず、そのために一刻を争うような負傷者の救出が遅れ、死者を増やしてしまうということが、今回も端なくもあったようだ。

 震災後半月ほど経って政府が被災者に20万円を3ヶ月間無利子で貸すという政策を出したと聞いて、思わず苦笑してしまった。防寒のため、あるいは食料を確保するためにどうしてもその救済金を欲しいと思う人は、恐らくほとんどが返済の見込みもない人たちだろう。当然これは給付ではなく貸付金であり、3ヶ月後には返済せよと言われたら、その人たちはほとんど躊躇して借りることもできないのではないか。これは自治体レベルで判断すればいいのだが、被害状況に応じて5万、10万、20万なりの金を臨時に支給するということだってあり得るだろうし、そういう手当をするのがむしろ適切なのではないだろうか。私に同行援護してくれるガイドさんは、この20万円貸し付けの話に憤慨して、与党の政治家が政治資金を高額着服するようなことがある中で、いっそ、そういう政治家たちが自主的に被災民に20万円支給する、ということをすれば皆喜ぶのだろうにと慨嘆して話していた。それが庶民感覚なのだろうと思う。

天災は事前に避けようにも避けようがない。しかし天災に続く人災は、幾らでも少なくしようと思えば少なくできるものだと私は思う。米国では大災害が起きた時すぐにFEMA(米国連邦緊急事態管理庁)が緊急配備態勢を敷いて、まず人命救助を第一に現場を押さえ、対策を取ることが常態化している。その元に政府も軍隊の派遣や連邦警察、州警察を総動員する形で動いている。だがどうも日本では、行政はそういう緊急事態に対する動きが鈍いのではないか。今回の大地震からもそうした教訓を生かしてほしいし、そのためには、地元のテレビ局やラジオ局などが積極的に被災状況を克明に調べ、何をどうすればここまでの被害が出なくてすんだのか、ということを検証する努力をしてほしいと願っている。

(つづく)

株式会社全笑 平野仁智社長来社

1月4日、当社の理事である株式会社全笑 平野仁智社長が来社され、大谷代表と今後の事業展開などについて意見交換を行いました。

株式会社全笑
代表者:代表取締役 平野仁智 氏
本社:〒610-1105 京都市西京区大枝塚原町3-152 シャルレ桂坂1階
事業内容:
香辛料原料の加工卸
香辛料原料の輸出入
小売店舗運営
障がい福祉事業所運営
飲食店運営
宿泊施設運営