飛島顧問が来所

11月30日、飛島顧問が来所され、公益財団法人オイスカの永石専務理事とオイスカの海外実習生の英語教育について意見交換を行いました。

向かって右が飛島章氏
左が永石安明氏

オイスカ幹部との意見交換

11月13日、中野常任顧問、永石専務理事と定期意見交換会を行いました。

写真は右から、
中野常任顧問、永石専務理事、
大谷従心会代表、辻東洋システム開発常務、松本東洋システム開発代表取締役

㈱明光建商と協議会を開催

 11月17、18日の2日間、福井県武生市の株式会社明光建商本社において連絡協議会を開催し、今後の連携方針及び技術関連等の打ち合わせ会を行いました。

明光建商本社

連絡協議会

役員との会議終了後の記念写真

  明光建商は防水工事のスペシャリストとして、創業46年の経験をもち福井県シェアNO.1の実績があります。
「技術が暮しと寄添い、その先の未来を拓く快適な空間を創造する企業」を
モットーに建築・土木業界において常に卓越した技術と誠意ある仕事を通じ、
社会に貢献し、労使共存共栄を社是とする福井県のトップ企業であり、環境エコ・省エネを科学する創造企業です。

会食風景

右は塩谷昭文代表取締役会長

左から、隈田原常務取締役、高橋信行相談役

日本人の法意識

 

南雲 康宏 氏
株式会社従心会倶楽部
シニアアドバイザー

 

 中国は人治国家であり韓国は情治国家と言われるが日本は法治国家である、というのが大多数の日本人の認識ではないでしょうか。私はその認識には懐疑的であり、日本は法治国家ではあるが実態は選択制法治国家ではないかと思っています。選択制とは何か?それは自分の気に入らない法律は無視するか守らないということです。

 同性婚:渋谷区は「同性パ-トナ-シップ条例」を2015年4月に制定し同性婚に風穴をあけた。これは憲法24条に、婚姻は両性の合意のみにて成立し、とあり当条例は憲法違反の疑いが濃厚です。LGBTに寛容なのは世界的潮流であり、日本も例外ではない。にもかかわらず条例制定以来5年、憲法改正の声は全く聞こえてきません。

 私学助成金:憲法89条(抜粋)公金は公の支配に属さない慈善、教育、博愛の事業に支出してはならない、とある。文科官僚の天下りの強力なツ-ルである私学助成金も憲法違反の疑いがあります。実態に合わせて憲法改正しようという声を上げる人は誰もいない。さりとて憲法違反の疑いがあるから私学助成金は廃止すべきという声も聞こえてこない。
 憲法違反といえば憲法9条。最近のアンケ-ト調査では自衛隊に好意を持つ人はほゞ90%に達する。しかし憲法9条改正に賛成の人はアンケート調査結果の90%には遠く及ばない。

 閣議決定を無視し、国会決議を無かったことにする日本人。

 真珠湾攻撃で始まった日米戦争は東条内閣によって大東亜戦争と称すると閣議決定されました。戦後文部省教科書検定で先の大戦を大東亜戦争と記述した教科書は検定官によって太平洋戦争に書き改めさせられました。

 サンフランシスコ講和条約が発効したのは昭和27年(1952)4月28日。

 その後同年6月を皮切りに「戦争犯罪人の名誉回復」に関する法律が国会で4本可決されました。こうして国内法では戦争犯罪人はいない事になりました。しかし、自分の気に入らない法律は守る気のない選択制法治国家の住民は、A級戦犯が合祀されているという理由で靖国神社参拝を執拗に批判しています。なぜ彼(女)等は、「戦争犯罪人の名誉回復」に関する国会決議取消の運動を起こさないのでしょう。

 こういった現象の背景には、一旦決めたことは廃止したり改正したりすることを嫌う日本人の民族性があると思っています。

 大宝律令→鎌倉幕府の御成敗式目→江戸幕府の公事方御定書→明治憲法→日本国憲法国の最高法規の変遷を並べてみました。どの法令も前の法令を廃止したり改正して出来たものではありません。明治初期に発令された “廃刀令” “断髪令” の法的根拠は “太政官布告” です。鎌倉時代から600年以上眠っていた “大宝律令” が突如目を覚ましたのです。この融通無碍な法意識、日本人の面目躍如といえるのではないでしょうか。

 平安時代治安が乱れ、治安維持のために “検非違使” が創設されました。律令にない官職なので “令外官” と呼ばれました。戦後創設された自衛隊も現代の “令外官” と言えるでしょう。

 憲法9条改正で左右相争う現代の日本人。先人の知恵に学ぶべきではないでしょうか。 

<ドイツ人と日本人の法意識の違い>

 第二次石油危機の時にドイツに駐在していた友人の話をご披露します。
ガソリンの需給が逼迫していたので政府は “〇月〇日よりガソリンの販売を制限する” 通達を出しました。日本人は 「供給制限が始まる前に旅行しておこう」と言って実行しました。ドイツ人は 「〇月〇日を待たずとも今既にガソリンが足りないのだ」と言ってガソリンの消費を自粛しました。一つの法律に対する日独両国民の対応の違いが鮮やかに浮き彫りになったエピソ-ドでした。

 

国際人

南雲康宏 氏
(従心会倶楽部 シニアアドバイザー)

 日本人は、日本はもっと国際化しなければならない、日本人は国際人にならなければならない、という強迫観念に捉われているように思えます。それには英会話だ、という訳です。
社内会議を英語で行う企業も現れました。TOEICの点数も一定点数以上ないと昇進できない企業もあります。50年以上前、私の勤務する会社で英語を人事考課に反映する案がありました。しかし、海外営業部以外の社内の大反対でオクラになったことがありました。

 英語が話せることが国際人の条件か?
アメリカでは移民一世を除けば皆英語を不自由なく話します。世界中どこでも英語が通じ、ドルがどこでも使えると思っている人は多いです。私は “東京から香港まで車で何時間かかるか?“ と聞かれたことがあります。それに比べれば日本人の方が(一般人レベルですが)よっぽど国際人だと思います。でも、英語が話せなくとも国際化は必要です。

 英語を流暢に話す日本人で、外国に行って日本の歴史、文化、伝統について聞かれた場合、殆ど何も答えられない人が多いと聞いています。いくら英語が流暢でも自国のことをきちんと説明できなければ、逆にその流暢さが軽蔑に変わりかねません。
 私の個人的見解ですが、国際人養成には学校教育で日本史の必修化、国語教育の質的向上を図るべきだと思います。外国語は母国語の水準以上には上達しないというのが専門家の見解です。残念ながら今や日本語は乱れを通り越して壊れていると私は思っています。
 従心会の会員でもある勝又美智雄氏が創立メンバ-である国際教養大学では学生の留学先を選ぶのに日本人のいない大学を選ぶと聞いています。マンガやアニメのおかげで日本・日本人は人気があるので質問攻めにあうのですが、聞かれた学生はいかに自国のことに無知かを知って愕然となるようです。そこで日本について猛勉強するらしいのですが、留学を終えるころには全く違った自国に対する認識を持つようになるようです。
 日本人女性と結婚し長年東京に住んでいるアメリカ人に、国際人って英語で何というか聞いてみました。しばらく考えていましたが、日本語の「国際人」に相当する英語はないとの事でした。因みに、国際化・国際人を英語に直訳すると、<国際化>=Internationalization 意味は(国際or共同管理)Internationalization of Suez Canal という風に使います。
<国際人>=Internationalist 意味は A specialist of International Law=国際法の専門家だそうです。

 以下に外国語が話せなくても国際人たり得ることを示すエピソ-ドをご紹介します。
元治元年(1864年)長州は英仏蘭米の四国連合艦隊に敗れました。(馬関戦争)
講和会議でイギリスは彦島の租借を条件の一つに持ち出しました。藩から全権を任された高杉晋作は延々と古事記を朗唱して相手を煙に巻き要求を断念させたというエピソ-ドが残っています。高杉晋作は<租借>の意味を完全に理解していたと思われ、もしこの交渉で彦島の租借を受け入れていたら(事実藩の上層部は租借の要求を受け入れても構わない意向のようでした)彦島は第二の香港、下関は九龍半島になっていたことでしょう。租借期限の切れる99年後は、なんと1963年東京オリンピックの前年になります。明治維新以降の日本の大躍進もなかったことでしょう。
 この話には異説があり、通訳を務めた伊藤博文のホラ話だという人もおり、イギリス公使の通訳官ア-ネスト・サト-の日記や回顧録にも彦島は出てきていないとのことです。