マホトハ・ガンデイ-といじめ

従心会倶楽部シニアアドバイザー 南雲 康宏氏からの寄稿を掲載させていただきます。

 

 

南雲 康宏 氏
従心会倶楽部 シニアアドバイザー

 インド独立の父マハトマ・ガンデイ-は「非暴力・不服従」を提唱し、一身をインド独立に捧げた。アメリカの公民権運動の指導者マ-テイン・ル-サ-・キング牧師や南アフリカの反アパルヘイト闘争を率いたネルソン・マンデラ元大統領に強い影響を与えた。
ガンデイ-の主張を「無抵抗主義」という人がいるが、それは誤解であり、あくまで「非暴力・不服従」を貫いたのです。

 日本の社会では、特に学校では “如何なる理由があろうとも暴力は絶対に許されない” とされています。しかし、ガンデイ-はこうも言っています。「ここに暴力と卑怯のどちらかを選ばなければならないとすれば、私は暴力を採るであろう。」意外ではありませんか。暴力を否定したガンデイ-は暴力より卑怯であることを憎んだのです。非暴力は無抵抗とは違うのです。
日本でも江戸時代の侍は卑怯・怯懦を憎み嫌いました。ひとたび「卑怯者!」と罵られたら刀にかけても即ち命に代えても名誉を守らなければならなかったのです。
私の明治生まれの亡父は、「弱い者いじめは卑怯者のすることだ。」と強い口調で非難がましく言っていました。今では “卑怯者” という言葉は日常会話からは消えてなくなりました。

 いま学校では “いじめ” による生徒の自殺が深刻な問題になっています。
事件が起きるとマスメデイアを前に校長が沈痛な面持ちで「起きてはならないことが起こってしまった。生徒には命の大切さを教えて行きたい」などと本質を外れたコメントを述べています。
いじめっ子に抵抗しようとしても “いかなる暴力” も禁じられているわけですから、被害者である生徒には逃げ場がないのです。そして悲劇が・・。
弱い者いじめは卑怯である。卑怯は悪であり、恥ずべきことである。こういった価値観が生徒、父母、教師、教育委員会などの共通認識になれば、命の大切さを教えなくてもいじめは少なくなるのではないでしょうか。

日本語のチカラ

従心会倶楽部シニアアドバイザー 南雲 康宏氏からの寄稿を掲載させていただきます。

 

 

南雲 康宏 氏
従心会倶楽部 シニアアドバイザー

 ハーバード大学の政治学者ハンチントン教授はその著書「文明の衝突」で世界は九大文明に分けられるが、日本は一国一民族で独立した文明であると述べている。学者により分類の仕方は異なるが、どの学者も日本は一国一文明であると言っている。この異質な文明の基には日本語の働きがあると思っています。

♪あれマツムシが鳴いている・・・と言う童謡があります。日本人は虫の音を「声」として認識しているのですが、西洋人には虫の鳴き声は単なる雑音にしか聞こえないそうです。このような特徴は日本人とポリネシア人だけに見られ、中国人や韓国人も西洋型を示すそうです。これは「日本人の脳」ではなく「日本語脳」のなせる業なのです。つまり、外国人でも生まれた時から日本語を母語として育つと日本型になるのだそうです。日本語は世界の主要言語の中ではかなり異質の言葉のようです。日本人の多くが英語が苦手なのも日本語脳が大きく影響していると個人的には思っています。

 フランス語に「タタミゼ」という言葉があります。意味は「日本ぽくなる」というほどの意味です。海外の日本語学習者の間では以前から、「日本語を学ぶと、性格が温和になる」「人との接し方が柔らかくなる」と言うことが指摘されていました。言語学者の鈴木孝夫氏は、「日本語は人を喧嘩とか対立が出来にくい平和的な人間にしてしまいがちだ」と言っています。鈴木氏が挙げた多くの実例の一例を紹介します。ある米国人の女性は、日本語を学び、日本に暮らした結果、万事控えめになり、自己主張があまりできなくなったとのことです。米国人の人類学者H.バッシンはその著書の中で、「日本語を話す度に、自分はこんなにも礼儀正しい人間になれるものかと、自分でも驚いてしまう。こういうことは、英語を話すときには一度も感じたことはない。」と言っています。

 私の個人的体験談です。海外勤務時代、慶大に留学経験のある女性社員と雑談をしていた時、突然彼女が言葉を英語から日本語に切り替えたのです。途端に彼女は淑やかな「大和撫子」に変身したのでした。

 日本の「マンガ」や「アニメ」は今や世界の若者に大人気。原作を日本語で読もうとして日本語を学ぼうとする外国人の若者が増えているようですね。日本語の学習を通じて、争いを好まず穏やかな日本人の性格を身に着けて欲しい。そして、これらの若者が社会に影響力を持つ年齢に達するころには、世界は今より争いの少ない穏やかな日々が訪れるのではないかと日本語のチカラを信じています。

 

カタカナ日本語と新型コロナウイルス関連について

従心会倶楽部と連携しているあるNPO法人の役員のメールでのやり取りをご紹介させていただきます。

=============================================================================

「ぶどう酒の赤 下さい」と 東京のさるレストランで女性店員に注文したら、「生憎ですが当店では扱っておりません」と言われた。食事を済ませレジに向かったが、他のテ-ブルではぶどう酒を飲んでいる人がいた。“ぶどう酒” では意味が通じず “レッドワイン”と言わなければいけなかったらしい。

日本語が通じないということでもう一話。ある日コンビニで昼食にそぼろ弁当を買った。「箸をおつけしましょうか?」と店員。「箸では食べにくいので匙にしてくれる?」と私。店員は一瞬固まってしまい暫く無言だった。あー匙も通じないかと思い、「箸の代わりにスプ-ンにして頂戴」と言ってやっと欲しい物を手に入れることが出来た。

この店員に注文した人はさるNPO法人の監事を務めている、海外駐在20年の経験を持つ南雲康宏氏である。そんな同氏だからこそ余計日本のど真ん中の東京で日本語が通じないのでびっくりしたそうである。南雲氏にとっては所謂「逆カルチャーショック」ではなかったであろうか。

このNPO法人も新型コロナウイルスの関係でしばらく活動お休み、その役員は自宅にいることがほとんどの毎日、同じくその理事の一人である竹内利行氏が これから暑い季節をむかえるに際し、さる学会からの「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた熱中症予防に関する提言」という情報を入手したので、役員各位にメール送信したのに始まる。(その情報の内容はこの最下段に転載しております。ご参考ください)

その提言の中にフィジカルデイスタンスシングというカタカナ語があるのに上記の南雲氏の目にとまった。以降その南雲氏と竹内氏のメール交換の概要である。

南雲氏:
「小池都知事はSocial Distancing を ソシアル デイスタンス と言っていますが本文ではきちんと フィジカル デイスタンシング と表現していることが印象に残りました。デイスタンスは単なる距離の意であり、デイスタンシングは距離を置くという動作を伴ったコトバなので、デイスタンシングのほうが好ましく思います。」

竹内氏:
「イング(ing)は確かに動作を含む語(動名詞)だから距離を置くとしなければ、ましてコロナ騒動時では危ない。しかし、どうもデイスタンスはもともと日本人には幅を持った距離との意味合いの意識もって認識しているのではないかとなかと疑問視。
その後、同NPO法人理事の菅野淳氏がメール参加、コロナ関連のカタカナ語を以下のようにまとめられた。

菅野氏:
「新型コロナウイルスは、各地でクラスターを発生させ、そしてそれがオーバーシュー
トになり、国によっては主要都市のロックダウンが行われるなど、世界的なパンデミックになった。これを受けて、ここ日本ではステイホー ムが日常となり、外ではソーシャルディスタンスを保ったことにより、一時的に落ち着きを見せているが、第2波の危険性も高まったことで東京アラートが発動された」
さすがにさる業種の月刊誌発行の主幹である。 

果たして今年度の流行語大賞は何になるのか、まだ半年も後だが やはり、おそらく新型コロナ関連のカタカナ語になるではなかろうか。

以上

(付)

「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた熱中症予防に関する提言」

日本救急医学会・日本臨床救急医学会・日本感染症学会・日本呼吸器学会

  •  屋内においては、室内換気に十分な配慮をしつつ、こまめにエアコン温度を調節し室内温度を確認しましょう。

  •  マスク着用により、身体に負担がかかりますので,適宜マスクをはずして休憩することも大切です。ただし感染対策上重要ですので,はずす際はフィジカルディスタンシングに配慮し、周囲環境等に十分に注意を払って下さい。また口渇感に依らず頻回に水分も摂取しましょう。

  • 体が暑さに慣れていない時期が危険です。フィジカルディスタンシングに注意しつつ、室内・室外での適度な運動で少しずつ暑さに体を慣れさせましょう。

  •  熱中症弱者(独居高齢者、日常生活動作に支障がある方など)の方には特に注意し、社会的孤立を防ぐべく、頻繁に連絡を取り合いましょう。
  •  日頃の体調管理を行い、観察記録をつけておきましょう。おかしいなと思ったら、地域の「帰国者・接触者相談センター」や最寄りの医療機関に連絡・相談をしましょう。

業務の状況についてご報告

新型コロナウイル感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受け、テレワークなどで業務を行っており皆様にご迷惑をおかけ致しましたが、緊急事態宣言が解除さましたので、少しずつ事務所での業務を開始しておりますことをご報告申し上げます。
原則、月曜日にはスタッフ全員が事務所におりますので是非お越し下さい。

なお、実践経営塾では、毎週水曜日にテレワークで、ZOOMミーティングを行い事業の方針、研修内容の検討などを行っております。

ZOOMミーティングの様子

2020年度方針発表会の見合わせについて

この度の新型コロナウイル感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受けて、例年6月上旬に開催しておりました「方針発表会」の開催を見合わせることと致しましたので、お知らせ申し上げます。

当初の予定では、6月11日(木)に例年通り日本プレスセンターで開催することとしておりました。

なお、今後 新型コロナウイルが収束した段階で「2020年度方針発表会」の開催を検討することとしており、その場合は改めてご案内させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

 

新型コロナウイル感染拡大に伴う事務所の休業延長について

                          2020年5月7日
関係の皆様

                      株式会社従心会倶楽部
                      代表 大谷 武彦

「新型コロナウイル」の感染拡大を防止するため緊急事態宣言が5月31日まで延長されました。
国及び東京都などからも外出の自粛が強く求められております。
このような状況を踏まえ、当社と致しましても事務所を休業する期間を5月31日まで延長させていただくことと致しましたのでお知らせ申し上げます。

休業延長期間:2020年5月7日~5月31日

 休業中は極力テレワーク等で対応させていただきますので、ご相談事項などがございましたら電話、メールなどでお気軽にご連絡いただきますようよろしくお願い申しあげます。

〔休業中の連絡先〕

氏名 担当分野 連絡先
大谷 武彦 代表
総合経営コンサルタント
携帯電話:090-8740-6530
E-MAIL:otani@jushinkai.com
津久井 均 シニアマネージャー、事務局長
実践経営塾
携帯電話:090-4590-0404
E-MAIL:h.tsukui@jushinkai.com
御厨 孝二 シニアマネージャー
シニア相談室、建築コンサルタント
携帯電話:090-4540-9299
E-MAIL:k.mikuriya@jushinkai.com
岸下 正勝 シニアマネージャー
管理部門、契約
携帯電話:090-4914-8387
E-MAIL:m.kishisita@jushinkai.com
君島 弘 シニアマネージャー
交流会、講習会
携帯電話:080-1084-9150
E-MAIL:h.kimishima@jushinkai.com

皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

 

当社理事 鈴木智治様の葬儀告別式のお知らせ

5月4日にご逝去されました鈴木智治様の葬儀告別式についてお知らせ申し上げます。

■葬儀告別式
日蓮正宗寺院式にて執り行います。
日時:令和2年5月6日(水) 午後13時より13時50分まで

  式場:日蓮正宗 妙光寺(みょうこうじ)
     〒141-0033 東京都品川区西品川1丁目6-26
     電話 03-3491-2227     

  喪主:鈴木 乃里子(長女)
     連絡先 080-3879-9473
     メール norikosetiadi@gmail.com 

なお、喪主より次のご意向を承っておりますのでよろしくお願い致します。
参列及び香典はご遠慮させていただきます。
・弔電、献花はお受け致します。
 献花は日蓮宗ですので、お花ではなくしきみ(しきび)になります。

 

 

 

 

 

 

当社理事 鈴木智治氏ご逝去のお知らせ

当社理事 鈴木智治(すずきともじ)氏は病気療養中でしたが、5月4日0:05ご逝去されましたので、謹んでお知らせ申し上げます。
享年74歳。

なお、葬儀は家族葬で行い、別途 忍ぶ会 を執り行う予定ですが日程等が決まり次第お知らせ申し上げます。

〔鈴木智治氏〕
株式会社従心会倶楽部 理事
NPO法人国境なき技師団 インドネシア代表(理事)
オイスカカレッジインターナショナル インドネシア駐在員事務所 所長

新型コロナウイル感染拡大に伴う事務所の休業について

                          2020年4月10日関係の皆様

                      株式会社従心会倶楽部
                      代表 大谷 武彦

「新型コロナウイル」の感染拡大により緊急事態宣言が発令され国及び東京都などからも外出の自粛が強く求められております。
このような状況を踏まえ、当社と致しましても当分の間休業することと致しましたのでお知らせ申し上げます。

 休業中は極力テレワーク等で対応させていただきますので、ご相談事項などがございましたら電話、メールなどでお気軽にご連絡いただきますようよろしくお願い申しあげます。

〔休業中の連絡先〕

氏名 担当分野 連絡先
大谷 武彦 代表
総合経営コンサルタント
携帯電話:090-8740-6530
E-MAIL:otani@jushinkai.com
津久井 均 シニアマネージャー、事務局長
実践経営塾
携帯電話:090-4590-0404
E-MAIL:h.tsukui@jushinkai.com
御厨 孝二 シニアマネージャー
シニア相談室、建築コンサルタント
携帯電話:090-4540-9299
E-MAIL:k.mikuriya@jushinkai.com
岸下 正勝 シニアマネージャー
管理部門、契約
携帯電話:090-4914-8387
E-MAIL:m.kishisita@jushinkai.com
君島 弘 シニアマネージャー
交流会、講習会
携帯電話:080-1084-9150
E-MAIL:h.kimishima@jushinkai.com

皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。