阿部和義氏の北欧旅行 旅行記

この度の北欧旅行に参加された阿部和義氏より旅行記を寄稿いただきましたのでご紹介させていただきます。

 阿部 和義氏

 ノーベル賞の受賞者の食事に舌づつみ

 異業種の人が集まっている「従心会倶楽部」(大谷武彦代表)が毎年行っている海外旅行は、19年(令和元年)は、北欧に行くことになった。私が4年前から参加しているこの旅行はマレーシアのコタキナバル、インドネシアのバリ島と続き、昨年はオーストラリアのシドニーに行った。昨年は女房と参加して参加した人たちと親しくなったので今年も参加することを決めた。
 「豪華客船で北欧3カ国を訪ねる旅」ということなので、豪華客船の名前につられて早速応募した。9月11日から16日までの約1週間の旅である。
 集合時間が最初は成田空港に午前6時5分というので家からは間に合いそうもないと困ったと、思っていたところ7時30分に変更されてほっとした。9時50分に成田を出て一路フィンランドのヘルシンキを目指した。参加者は18人で今までの旅行に比べると10人ぐらい少なかった。それでも大谷夫妻、雨宮夫妻や幹事の津久井、御厨さんなどの他飛島建設時代から知っている花岡さんが参加しているので楽しい旅が予想された。
 結団式では福井から参加した小寺彰三夫妻、塩谷昭文夫妻、山口武志さんのほか神奈川県横須賀から参加した柴田美知男夫妻が自己紹介して「無事に旅を楽しく」という決意をそれぞれが語った。

 ノーベル賞の町をゆったりと

 ヘルシンキから乗り継いでスェーデンのストックホルムにつき、早速ノーベル賞の町を観光した。約1千万人に対して国土は日本の1・2倍ということでゆったりした街並みだった。着いたのが現地時間で午後4時過ぎなのですぐに食事になった。市内でノーベル賞の食事が食べられるレストラン「スタンシュカラーレン」に行った。2018年のノーベル賞受賞者が食べたと同じのメニューである。
「軽く焼いた北極イワナ、玉ねぎを載せたザリガニのブイヨン」「牛骨髄のクラスト和え」デザートは「リンゴのハーモニーという名でリンゴのソルベなどが付いたバニラクリーム」というものだった。この料理を4時間かけて食べるという。我々は2時間で終わったが。味は塩辛いというのがみんなの感想だった。
 翌日、ノーベル賞が授与された場所や食事をする市庁舎などを見学した。350人もの食事を用意するということを聞いて「大変な仕事だなあ」とみんなで話した。ノーベル賞の受賞者が演説する階段も見学したり写真を撮った。

 豪華客船の甲板で風にあたる

 夕方にオーランド・マリエハイム港で豪華客船の「バルティック・クイーン」号に乗ってエストニアの首都であるタリンに向かった。船内ではバイキングの食事で中華からイタリア、フランスまでいろいろな料理が選べられた。プールもサウナもあり遊ぶところは多かった。その上にスーパーマーケットまでついておりいろいろなものが買えた。
 甲板に出ると風が吹いており気持ちが良かった。甲板でビールを飲む人もいた。ビールは地ビールで日本と比べるとあっさりしてのど越しがさわやかだった。
 タリンでは古い教会や城を見て、今度はフェリー「タリンクシリア」に乗ってヘルシンキへ。ヘルシンキでも寺院や教会等の他にシベリウス公園に行った。最終日のヘルシンキの市内観光は雨にたたられてお土産のムーミンを買うのが施いっぱいだった。

北欧研修旅行

9月11日(水)から9月16日(月)の日程で、北欧のスウェーデンのストックホルム、エストニアのタリンそれからフィンランドのヘルシンキの3都市を訪ねる「豪華客船で北欧3か国を訪ねる旅」を行い、18名の方が参加されました。

成田空港にて

 

ストックホルムのホテルにて

 

ストックホルム市庁舎にて

 

タリンにて

 

タリンのホテルにて

(株)明光建商と経営懇談会を開催

8月29日、30日株式会社明光建商(福井)で従心会倶楽部と相互の経営連携の進め方について懇談会を開催し、塩谷会長、塩谷社長以下経営幹部出席のもと、具体的な意見交換会を開催しました。(株)明光建商は昭和49年9月に開設し、防水事業を中心に、この9月に45周年を迎え、北陸地方を代表する企業です。地域に寄り添い、地域に愛される企業をモットーに更なる飛躍が期待されます。
従心会俱楽部からは、御厨シニアマネージャー、雨宮塾長、卯木講師が出席しました。
ホームぺージ : 明光建商    

 

青木豊氏サロン講演会を開催しました

8月20日、日本テレビタワー1Fの中国飯店「潮夢来」にて、青木豊氏サロン講演会、「葛飾北斎・90歳の挑戦!」のテーマで、世界の有名人北斎、北斎画の魅力、北斎長寿の秘密、脳の若さの理由等お話し頂きました。終了後は、中華料理での立食パーティー、大変盛り上がりました。
写真は、講演する青木豊氏、挨拶する大谷代表、講演会場、懇親会

    

 

8月度の定例会食会を開催しました

8月8日、当社の会議室で、8月度の定例会食会を開催しました。ゲストに、松藤斉、 竹内利行、南雲康宏、渡邉忠、森一信、鋤本浩一、渡邉奈津子各氏、に参加頂きました。                                  写真は、神棚に参拝・皆さんで会食

 

 

谷風会(こくふうかい)を開催しました

8月2日、今年度第2回の谷風会(こくふうかい)を開催しました。今回は、カラオケビッグエコー新橋で「いきなりカラオケ」を企画しました。1時間は、お酒を飲みながらの近況報告、2時間目から本番のカラオケ、皆さん美声の持ち主で大変盛り上がりました。
谷風会;元富士通グループの人材育成委員会(大谷会長・松本副会長)に参加していたメンバーで情報共有をして行こうとの趣旨で始められた会。年3~4回、情報交換、懇親会を開催している。

 

吉原修都議会議員と面談

7月11日、東京都庁で吉原修都議会議員と面談を行い、シニア世代の活性化について意見交換を行いました。
吉原先生は、オイスカ国際活動促進都議会連合会の会長です。

左から3人目が吉原修先生