カテゴリー別アーカイブ: シニアサービスグループ

蛍100万匹です

NPO法人”ゆい思い出工房”との協賛企画「蛍の里に遊ぼう」に行ってきました
b9.jpg
まずは蔵の町栃木です
舟運で栄えた問屋町で
巴波川(うずまがわ)沿いに蔵が並びます
鯉が泳ぐ川には遊覧船も運行されています
b7.jpg
明治時代にドイツ公使を務めた青木周蔵が、明治21年に那須滞在のために建てた別荘です
道の駅’明治の森黒磯’にあります
b3.jpg
宿泊は那須塩原、幸乃湯温泉です
宿について温泉にはいり夕食をとってから蛍観賞に出発します
ホタル
蛍鑑賞は那須フィッシュランドです
昼間は渓流釣り場となっています
一番上の写真の釣り場が夜になると蛍でいっぱいになります
たかが「蛍」と思っていきましたが本当に本当にスゴイの一言です
100万匹はオーバーではありません
今まで見てきた蛍は何だったんだろうと思うくらい超感激のひとときでした
遊歩道が整備されているので真っ暗な中でも安心して見ることができます
昨日(8月5日)のTBS番組”風の言葉”(毎週日曜よる9時54分)で紹介されていました
残念ながら7月31日で今シーズンの蛍鑑賞は終了しました
b10.jpg b11.jpg
那須御用邸の一部が一般開放されて2011年5月に’那須平成の森’としてオープンしました
一部と言っても560haもあります
b4.jpg b5.jpg
クラブハウスから5分も行かない場所にある木の幹に熊のツメ跡がありました
写真の右端の一番太い木です
2週間前に親子熊の目撃情報がありました
熊は茶色いどんぐりは食べないというのを初めて知りました
(まだ木になっている青い状態のどんぐりを食べる)
右側は駒止の滝です
長い間幻の滝と言われてきましたが観瀑台ができて見れるようになりました
b6.jpg 340852view003.jpg
駒止の滝から15分歩いて北温泉にも入ってきました
映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地で一躍有名になりました
このプールの底が古代ローマのお風呂に通じています

永六輔、僕が今いちばん話したいこと


シニア・エージ セミナーに参加してきました
「昭和ヒトケタ世代が語り継ぐ大切なこと」シリーズをテーマとして2007年からはじめられたセミナーは
今回でなんと第75回になります
シニアによる、元気なシニアの世界を築くことを目指す点では、従心会倶楽部の先輩格に当たります
0628-2.jpg
会場となった駐健保会館の駐は何と駐留軍でした
三田の慶応大学の近くにあります
0628-1.jpg
車椅子で入場された永さんですが途中から立ち上がりそのまま最後まで
立ったままで熱弁をふるわれました
パーキンソン氏病のリハビリでジャカルタから来ている看護師にリハビリに丁度いい歌があります
といって「上を向いて歩こう」を知ってますかと聞かれ、素直にはいと言えなかった永さんですが
戦争体験では、東北に学童疎開された時、一緒に疎開していた上級生達が3月に卒業式のため東京に戻るのを
見送った後、3月10日の東京大空襲でなくなった事が本当につらっかたといって涙ながらに話をされました
0628-3.jpg
講義の後の交流会は田町の中国家庭料理「大連」です
餃子が評判のお店です(これは本当にお勧め)
シニアパワーは交流会になっても衰えることなく続きました

京都清水寺と祇園甲部歌舞練場

0426-2.jpg
清水寺の大舞台です
誰が撮っても同じような写真が撮れます
「清水の舞台から・・・・」と言われているように、実際に飛び降りた人数は1694年から1864年の間に234件にのぼったそうですが、生い茂った樹木と土の地面により大半は怪我で済んだようです。最近では2~3年前に1件あったようです
0426-1.jpg
清水寺開創1200年の記念事業として、昭和59年(1984)に、大西良慶和上の宿願であった観音信仰の道場・国際親善・文化交流の殿堂として建立された大講堂の中にあります
4階まで吹き抜けになっていて、天井高は約30mあり、床面には黒大理石に刻まれた4mの仏足石をお祀りしています。
普段は非公開です
西門 0426-14.jpg
1631年(寛永8年)に建立され、国の重要文化財に指定されている西門です。内部には床板と格天井を張る特殊な形式の門となっています。西門からは、京都市街を一望でき素晴らしい景観で、西山に沈む夕日は格別との評判があります。ここも普段は柵に囲まれ立ち入ることはできません
0426-3.jpg 0426-15.jpg
清水門前街のシンボル的存在の七味家さんです
今回の手配をして頂きました
右側の角を曲がると産寧坂です
0426-8.jpg 0426-9.jpg
祇園甲部歌舞練場とその庭園です
「都をどり」は一日4回公演ですが我々が見にいったときは満席でした
祇園の舞妓さんが総出演します

終わりよければ

従心会倶楽部顧問、めぐみグループ山田二三雄先生の著書「終わりよければ」からです
お互いに一歩ずつ歩み寄ってはどうだろうか
人間は孤独である
でも孤独ではいきられない
人が愛について、人生について語るとき誰でも自分の経験した人生と愛を語り、考えています
他人の人生と愛の出来事は理解できたとしても、自分の体験ほど深く主体的に感じることは不可能です
愛なしに人生は生きられません 愛はすべての動機となり目的となります
愛は姿であり中身でありすべてです
一歩前に踏み出すことによって、見えなかった愛の真実が見えてきます。
私たちが愛、人生について考えたり、悩んだりするのは愛と人生に傷つき挫折したときです
そう言えば最近悩むことが多い気がするのは私だけでしょうか