カテゴリー別アーカイブ: あれこれ・・・

2018絆100公募展Webフォトコンテスト実行委員会からの感想

もう3年の前に事だった。70代後半にもなった我ら法人の役員シニア3人が集まった折、ふと誰かがつぶやいた。
「なんだかこのところ世の中変、不可解な暗いニュースばかり目につく」。何を言っているのかすぐわかった。先ずは幼児虐待、育児放棄、いじめ、事例を出したらきりがない。
「絆だろうなあ」「我々の若いころにはあった絆、今失われつつある絆、忘れ去った絆」「暗黙のうち無意識のうちに皆が共有していた絆」
NPO法人を立ち上げたのもその絆の確認再生を期して、絆を映像で提供することから始まったと改めて思いおこした。白川郷で茅葺の吹き替えで皆一同になって手伝うあの共同作業を「ゆい」といった。10年前NPO法人を立ち上げたとき直ぐゆいが頭に浮かび名づけた。

絆をテーマとした写真、絵画、イラストなど様々な手法で描いた作品の「絆100展」を2度開いたが、皆仲間内のための作品だった。全国ベースでやれないか、そこで思いついたのがWebにてのフォトコンテストだった。
「あなたにとって絆のイメージは何ですか」と問いかけ写真映像を募集する。選ばれた100点はWebを通じて全国的に披露し、視覚に訴えた映像によって絆の再確認、再生を期す。
もっとも熱意をもってこれに取り組もうとしたこの役員3人がまず始めたのは、資金集めとWebの募集の方策、そして審査員の確保だった。そんな様々な問題をクリアしてやっと実施の見通しがついたのは昨年の秋だった。

その頃には何よりも幸いし嬉しかったことは、当法人の本部が千葉にあるところ、東京・虎の門にある従心会倶楽部の大谷代表の理解を得ていつもその会議室を貸してくれていたが、今回のWebフォトコンテストについてもその熱い意図を大谷代表にお話すると「よし、わかった、応援する!」ときっぱりと言ってくれたことだった。同時に従心会倶楽部に従事する方々にも側面多大な協力をいただき、また、審査員には現在の先端を行く写真家お二人のほか弁護士の岩渕正紀先生もひきうけてくれ、写真芸術を離れ絆のメージを先生独自の観点で審査していただいたことだった。
写真館を経営するWebにも詳しい若手も役員として加わり計4人で実行委員会としてスクラムを組んで本格的に稼働することができた。いざWebコンテストを実施してみてどれだけ応募があるか少々どころか皆口には出さなかったが、大変不安だった。
途中ハプニングがあり9月中旬まで締め切りを延長したが、それがかえって幸いした。4カ月半の応募の半数以上が締め切りの1カ月に集中し、応募人数約200人、応募点数ほぼ400点を得ることができた。集まった作品を見ると各種各様思わぬ絆のイメージ映像もあって、3人の審査員の先生も予想外の応募と感じられる、全体的に充実した満足のいく作品ばかりで、応募することが絆再生に参加するとの意図が正に実現した瞬間だった。

今後、先ずWebで入選100点を公表しするが、できればこの100点をプリントし展示会を開催したいが、資金次第である。

〔Webフォトコンテスト実行委員会〕
委員:内山照一、森一信、菅野淳

竹内利行
(NPO法人ゆい思い出工房 理事、Webフォトコンテスト実行委員長)

辻シニアマネージャー(合氣道四段)が合氣道の演武を行いました

当社の辻輝夫シニアマネージャーは、趣味で永い間合氣道を行っておりますが、この程某大学の依頼で演武を行いました。
普段は畳の上で行っておりますが、この大学では畳がないためマットの上で演武を行いました。

%e5%90%88%e6%b0%97%e9%81%93_2%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89

 

 

 

 

 

 

 

%e5%90%88%e6%b0%97%e9%81%93_4%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89  %e5%90%88%e6%b0%97%e9%81%93_3%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89

谷風会(こくふうかい)が開催されました

11月21日、従心会倶楽部会議室で「谷風会」が開催されました。
年に2回の開催、今回は、会員のほぼ全員の参加でした。
遠く沼津から参加いただいた佐藤さんの乾杯で始まり良い酒・良い食事と共に、ビジネス、プライベートの話、最後は、一人ひとりの近況報告で大変盛り上がりました。
〔参加者〕
大谷、岩崎、岩本、浦山、川崎、岸下、君島、久保、佐藤、
津久井、辻、抜水 、羽賀、藤井、坊野、宮嶋の各氏

dscf0008

dscf0007

駐日ブラジル大使講演を聞いてきました。

在日ブラジル商工会議所主催の「リオオリンピックを振り返って」の会合に参加してきました。

%e5%9b%b3%ef%bc%91
講演するアンドレ・コヘイア・ド・ラーゴ駐日ブラジル大使です。
資料は英語で作成されていますが、スピーチはポルトガル語なのでバンザイです。
でもお話はすごくお上手でした。予定時間を15分オーバーするのもブラジル流?
パラリンピックのメダル獲得数でブラジルは8位、日本はなんと64位だったのを初めて知りました。

%e5%9b%b3%ef%bc%92

当日は他に中森JOC広報企画部長、重量挙げ三宅宏美さん等もゲストで参加されました。

%e5%9b%b3%ef%bc%93%e5%9b%b3%ef%bc%94

 

 

 

 

三宅宏美さんの挨拶です。メダル成功時の映像が流れると拍手が

%e5%9b%b3%ef%bc%95

 

 

 

 

ツーショットも撮らしてもらいました。

 

 

 



社団法人日本介護事業連合会の設立総会

去る2月24日に品川グースにおいて社団法人日本介護事業連合会の設立総会が開催され従心会倶楽部から大谷代表と花岡紀夫顧問(株式会社ベストリビング代表)が招待され出席しました。
この団体は「人生の継続性」「自己決定の尊重」「残存能力の活動」の3原則に基づき高齢者を人間として尊重し、高齢者が生き生きと暮らしていける社会の実現を目指すことを活動理念としております。特に現在、介護関連産業の年商は17兆円といわれております。拡大する市場の中で利用者とサービス提供者が共に成果を上げるための諸政策を行います。
会には約600人の関係者が集まり、愛知和男会長(元環境庁長官)、石原信夫最高顧問(元内閣官房副長官)など多くの方々が参加され意見交換を行いました。
【総会風景】
総会風景
【花岡紀夫顧問】
花岡顧問

千葉哲雄氏のハノイ便り [日本の援助]

千葉哲夫
ハノイは静かな正月を迎えました。
当地はテト(旧正月)が新年の始まりですが、さすがに1月1日だけは休日です。
しかも公示で昨年12月27日(土)に勤務し、その代替えで1月2日(金)が休みになったので、1月1日から4日まで4連休になり、より一層静かな正月となりました。
毎日突貫工事をしていたアパート前のインターチェンジ工事も植栽工事を除きすべて休み、その静寂に誘われて工事現場を歩いてきました。
P1_20150107131721317.jpg  P2_20150107131723e5b.jpg

左は3ヶ月程前、右は現在です。この道路がニャッタン橋(斜張橋)を通じて、昨年12月30日にオープンしたノイバイ国際空港の第2ターミナルに直結します。
P3.jpg  p4.jpg

インターチェンジの入口、遠くに見えるのが自分が住んでいるアパートです。
私は現場を歩くのが好きです。こうして出来上がりつつある現場を歩くことはとても、とても好きです。土木屋の性でしょうか。幾つになっても直りません。
「地図に残る仕事」大成建設の宣伝文句ですが、完成が近づくと今までの苦労が雲散します。プロジェクトに参加できた喜びを感じる瞬間です。
このインターチェンジもニャッタン橋もそしてオープンした第2ターミナルもすべて日本の援助、日本の設計、そして日本業者の施工です。もちろん地元ベトナム側の支援とベトナムの人々の支援も決して忘れてはならないけれど、でも、でも日本人として誇らしいでしょう? 品質が良く、評判もいいですよ。このインタ-チェンジも地元の人はオープンを待ちきれず早朝沢山の人が散歩したり自転車で走る姿が見られます。
p5.jpg   p6.jpg

ニャッタン橋の昼と夜です。写真の腕が悪いので良く映っていませんが、目を近づけて見てもらえれば、5色に彩られているのが分かります。スカイツリーには負けてしまうけど、すごいでしょう?
この道路とニャッタン橋ももうすぐ開通です。次回の帰国に際してはこの道路、橋を通り、そして新しい空港ターミナルでチェックインです。今から楽しみです。
インターチェンジの開通を控え、自分の住むアパート周りがどんどん綺麗になります。
新しい住居、アパートが建ち始めています。
p7.jpg
新居を物色する人々が休日訪れます。上の写真は新築中のアパートです。
日本と違い面白いのは、建物が完成しても仕上げは売却先が決まるまでしません。
上の写真はところどころ仕上げていますが、その場所が売却済みということです。

ipadで65歳からの毎日を10倍愉しくする私の方法

ipad牧
従心会倶楽部会員の牧さんが「iPadで65歳からの毎日を10倍愉しくする私の方法」を出版されましたので、早速Amazonで購入しました。
’iPadを使えば、友達が増える!毎日やることがある!朝おきるのが楽しくなる!これが元気の秘訣です!スマホでもOK!’という内容説明でわかるようにこれは人生を愉しくする方法を書いた本です。
iPadの操作方法などどこにも書いていません。ipadを知らない人でも問題なく読むことができます。
会社を退職し、社会との接触機会がだんだん少なくなっていく高齢者がipad一つでどれだけ遊ぶことができるかを教えてくれます。画面の大きさ、操作性からiPadを筆者は薦めていますがスマホでももちろん問題ありません。
皆様にお薦めの一冊です。

代官山タブローズコンサート


本年第6回のラウンジコンサートを代官山タブローズにて開催します。
日時:11月27日(木)19:00-21:00
出演:山川寛子(Sax.)、田村瑞記(Pf.)
チケット:4,000円  
勿論ワンドリンク付です。ドリンクは各種用意されていますが、特にタブローズ特製のジンライムがお薦めです。
演奏するのは先週ルーマニア・トルコの演奏旅行に行っていた山川寛子さんとクラシック界の佐々木希☆美人ピアニストの田村瑞記さんです。
ルーマニア帰りの演奏をご期待ください。
hiroko1127.jpg

千葉哲雄さんのハノイ便り(第2回 現場)

千葉哲夫
9月中旬に今年2回目の稲刈りを終え、季節も長い雨期が終わり、10月から乾期、若干暑さも和らぎ、凌ぎやすいい季節を迎えました。これから来年2月の旧正月までが現場では正念場です。
以前にお知らせしましたが、自分の担当は電気工事を除く道路、上水道、下水道です。今回の便りでは、あまり聞きたくはないでしょうが現場での苦労話を少し織り交ぜて現況を紹介したいと思います。
■道路工事;
ビンフック県とハノイ市を結ぶ15キロのバイパス道路です。着工から既に2年半が経過、当初工期の2年は今年3月末で既に過ぎているのに進捗は未だに35%です。
請負業者の韓国POSCO E&C(有名なポスコ製鉄所の関連会社)にも大きな問題がありますが、遅延の主因は用地問題です。未だに10%程度の用地が引き渡されていません。道路工事はいわゆる長物工事です。それだけ地域住民との接点も多く技術的な問題以外の解決に多くの時間を割かねばなりません。
米や花の収穫期には工区に隣接する農作業を優先させたり、道路を横切る灌漑(用水路)は農民の生命線だけにいろいろな要求がありなかなか設計が決まりません。
こんなこともありました。
POSCOが下請け1社との下請け契約を解約したところ、この下請けは地元のヤクザを雇い妨害、この下請けが担当していた約4キロの工区が半年間中断してしまいました。この下請けは政府のある高官の紹介だったとのこと・・・。
発注先からの要請でやむなく使った業者が問題を起こすのは、東南アジアを初め発展途上国のインフラ工事によくみられることです。自分も嘗て初めて任された香港での工事で同じように1か月工事を中断した苦い経験が蘇ります。若い頃はこういう問題にも立ち向かう気力もありましたが、今はありません。
写真1
土木工事完成の過程では多かれ少なかれこうした社会に認知されない問題が隠されているものです。
上の写真は用地問題が比較的早くに解決した工区です。来月舗装工事が始まります。
全線15キロが早くこの状態になると良いのですが。
■上水道工事
入札から業者の決定までに2年を要し、今年4月やっと工事が始まりました。
韓国業者とSWING(旧名荏原)のJVです。ポンプや配管を担当するSWINGは全く心配ないのですが、土木工事を担当する韓国業者が心配です。地元ベトナムの大手建設会社に丸投げです。その結果提出される施工計画等の書類が稚拙でその審査に多くの時間が費やされます。更に問題は着工後6か月経ちますが、前渡金が未だに支払われず、業者は資金繰りに窮しています。資金はJICAの円借款で何ら問題ないのですが、支払いまでの過程が煩雑です。
契約先の担当部署から人民委員会、(日本の県庁)更に大蔵省の承認を得て支払われるのですが、今回は当該工事の契約書類に問題ありと言うことで、首相府の決済を仰ぐとのこと。社会主義の悪い面が露呈しています。担当部署では結論が出ません。
会議でもそうです。参加者ほぼ全員の意見を聞きます。反対意見があるとなかなか結論がでません。しかも会議はベトナム語なので、業者、コンサル・客先用に最低二人の通訳がつきます。通訳が入るのでただでさえ長い会議なのに、結論が出ない、その空しさ理解いただけるでしょうか?
資金が手当て出来ず輸入材の管が購入できません。配管工事は67,000mもあります。
配管工事が工期内に完了するか今から気をもんでいます。
因みに管は中国からの輸入です。ベトナム人は中国が大嫌いです。しかし経済分野では密接につながっています。
写真2
上の写真は河川に隣接する取水口の工事です。
乾期の内に完成しなければならない難しい工事の一つです。
■下水道工事
2年の工期を1年延長しやっと試運転を開始しました。
施工業者は地元ベトナムの大手建設会社です。先日人民委員会の検査があり、「品質が悪い」「コンサルの施工管理も悪い」とお叱りを受けました。自分の担当で責任を感じでしまいます。ベトナムの建設会社は、概して安全、品質、工程管理の意識が希薄です。
日本の建設会社での経験を伝えることも自分の役割の大切なところです。現場の責任者には伝わっても、なかなか成果につながらない難しさがあります。大きな課題の一つです。
3写真
試運転が開始されましたが、問題山積です。ベトナム側で施工すべき家庭からの枝管がまだ接続されておらず、流入する汚水が‘濃く’ないのです。処理場では汚水を綺麗な水とスラッジ(汚泥)に分離するのですが、汚泥が発生せず汚泥関連システムの試運転ができません。
当地ハノイに着任して16か月が過ぎました。
大勢のローカルスタッフに支えられてここまでやってこられました。
その支援に応えなければなりません。日本の会社で教示されたこと、体験してきた事を、残された1年の任期でどれだけこちらの人達に伝えられるか、楽しみでもあり、心配でもあります。
2年後、全ての工事が完了し、外国の企業を誘致し、この設備が生かされれば、このプロジェクトにかかわった一人としてこのうえない喜びです。

君の瞳に恋してる


映画ジャジーボーイズ観てきました。
1960年代に「シェリー」や「君の瞳に恋してる」で大ヒットしたグループ’ザ・フォー・シーズンズ’の結成からロックの殿堂入りするまでのストーリーです。
あまり前宣伝がなかったのですが、いってみると結構満席状態です。
シニア割引(消費税増税により1,000円から1,100円に値上げされましたが)で是非御覧になることをお薦めします。

ラストシーンの「Can’t Take My Eyes off You」(君の瞳に恋してる)では周りのおじさん、おばさん達が映画に合わせて口ずさんでいました