迎賓館見学から神宮外苑散策を行いました

12月9日、11日、ゆい思い出工房と従心会倶楽部主催で迎賓館見学から神宮外苑散策を行いました。第1回、30人募集は、案内と同時に定員になり、急遽第2回を開催しました。第2回も30人の定員でした。迎賓館内は、外国の賓客を迎え晩餐会等が行われところで大理石や贅を尽くした装飾が見られました。神宮の森、聖徳記念絵画館、草月会館喫茶コーナーでの打ち上げ、皆さん満足の様子でした。

平成29年度従心会倶楽部・忘年会を開催

12月8日、中華飯店・潮夢来にて開催し、理事、顧問、講師、会員等約60名の方々にご出席いただきました。大谷代表の挨拶で始まり、皆様歓談され抽選会でも、大変盛り上がりました。最後、92才中野利弘氏(オイスカインターナショナル副総裁)の挨拶では、会場から拍手が湧き上がりました。
写真は、会場風景、中野利弘氏、鈴木智治ジャカルタ支部

 

 

 

小笠原眞二さんを偲ぶ

従心会倶楽部の創業時から色々ご指導頂きました小笠原眞二さん(小笠原経営労務事務所代表、元飛島建設株式会社営業部長)が、予て療養中でしたが、薬石効なく、さる11月12日に逝去されました。葬儀は近親者のみでとり行われましたが、丁度1か月後の12月12日、ご自宅に弔意のため伺いました。
従心会の常勤メンバーと花岡顧問の計6人でご焼香を上げました。
沢山の生花に囲まれた仏前の小笠原さんのあの笑顔の写真が実に印象的で心に沁みました。天国でも颯爽とした立ち居振る舞いで皆を魅了しているのでしょうか。ご冥福を心から祈念します。
合掌。

故人のご自宅:東京都目黒区碑文谷3-13-16、小笠原智恵美様(御令室)

 

 

伊豆大島研修旅行


伊豆大島三原山研修に9名参加しました。
東京竹芝桟橋からジェット船に乗ってたった1時間45分で大島岡田港に到着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは伊豆の踊子で有名な波浮港に向かいます。
昼食は島内人気NO.1の港鮨さんで鼈甲鮨です。

 

 

 

 

 

大島ゴルフクラブは9ホールながら中々立派なコースで、当日は生憎曇り空でしたが、晴れていれば富士山を眺めてのプレーが楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

火山博物館では全員で大島の噴火の歴史を学びました。31年前全島民が避難したときの様子を写した映像は凄まじい迫力がありました。

 

 

 

 

 

 

最後は三原山火口一周に挑戦です。展望台がある山頂口からは往復2時間のコースですが全員元気に完歩しました。

 

第2回浦安終活セミナーを開催

11月25日(土)に千葉県浦安市の日の出公民館で「第2回終活セミナー」を開催致しました。
この終活セミナーは、シニア相談室(御厨孝二室長)が主催し、NPO法人ゆい思い出工房の本部がある浦安市で継続して開催するもので、今回は、「相続・生前対策」のテーマを取り上げ、司法書士・行政書士 市山 智先生より分かりやすく解説いただきました。

テーマ:相続・生前対策のすすめ  ~終活に向けて知っておきたいこと~
講 師:司法書士・行政書士 市山 智先生

なお、次回は来年1月27日(土)、「生前整理」のテーマについて 整理コーディネーター 石見 良教先生にご講演いただく予定です。

◆終活セミナー開始に先立ち、従心会倶楽部の紹介をする御厨シニア相談室長

◆「相続・生前対策」について講演される市山 智先生

 

 

 

ミャンマー出張記

この程、松本理事と辻理事がミャンマーに出張されました。辻理事にその出張記を寄稿いただきました。
———————————————————————————————————————————–
この度、松本理事と辻理事がオイスカ様にご縁を頂き11/18(土)~11/20(月)にかけてミャンマーに出張しました。
私にとっては初めて訪れる国であり、しかもマレーシア・コタキナバルから、マレーシア・クアラルンプール、その後にミャンマー・ヤンゴンという連続した旅程での訪問でしたので、いささか不安もありましたが、オイスカ様の手厚いご支援により非常に充実した出張となりました。改めて感謝申し上げます。

さて、今回の出張の目的はオイスカ会員企業である SHAN MAW MYAE CO.,Ltd 社(マレーシア現地法人)から頂いた、ある提案要請へ応えるためであり、ミャンマーの到着当日に本社を訪問し、早速、Nyan Lin CEO への提案と現地状況のヒアリング、ディスカッションを行いました。

その後、今回のSHAN MAW MYAE CO.,Ltdからの提案先である現地のキーパーソンとお会いし、我々の日本での連携先の方にもフィリピンからSkypeで会議に参加して頂きながらご提案、ご要望の確認、ディスカッションを行い、現地時間の21時頃まで、熱心で充実したミーティングを開催しました。
現地キーパーソンの方々はミャンマー国内の遠方からも含め4名もお越しいただき、皆さんの”ミャンマーが抱える社会的課題を解決したい”との熱い想いが会話の端々に感じ取れ、我々も非常に共感しつつ、その志にも感銘を受け、是非にでもビジネスとして実現させたいとの想いを強くしました。(詳しい内容については、ビジネス企画段階のため残念ながら現在まだお伝えすることはできません。今後の進展にご期待ください!)早速12月のご訪問日程を決定し、熱い会議を終えました。

その後、キーパーソンの皆さんはお帰りになりましたが、今回のビジネス連携を取り持っていただいた、オイスカの永石安明専務理事、Nyan Lin CEO、従心会倶楽部 松本理事と私の4名でミャンマーのローカルが通う海鮮料理店に行き、懇親会を行いました。
私の中では農業国のイメージが強いミャンマーなので意外でしたが、エビ、イカ、貝類などに加え、特に巨大なシャコが有名とのことで、我々も塩焼きにしてもらい、かぶりつきました。
料理の味付けは全体的に少しぴりっと唐辛子が効いていますが、日本では食べたことのない味に驚嘆しつつ、初めて飲む”ミャンマービール”と共にとてもおいしく頂きました。

翌日、11/19(日)は、現地視察に充てるべく、まずは、仏教国ミャンマーの国民が誇る巨大な仏教寺院”シェダゴン・パゴダ”を訪れました。

◆巨大な仏教寺院 ジャダゴン・パゴダ

午前中でも強烈な日差しが肌をさす中、大理石が敷かれた広大な敷地の中を参拝者は全員裸足で回ります。(靴下も履いてはダメです。)床の大理石は白の部分が大半で、太陽の照り返しで、焼けつくような暑さでした。寺院の内部には、金色に輝く巨大な仏塔を中心に、巨大な仏像がいくつも安置されており、その前では、大勢の人々が長時間座りこみ、熱心にお祈りされていました。私も、現地の方々に倣い、実現すれば多くのミャンマーの方々を支援できる今回のビジネススキームが成功するよう、お祈りしてまいりました。

午後からはダウンタウンにある商業施設を訪れました。昨今の成長が著しいミャンマーならではの”新旧”が入り混じった場所であり、とても興味深い視察を行えました。
まずは、”新”の方からですが、新しく建設された見事なデパート型施設、Junction Cityです。内装や店舗も最新で、ブランド店も出店しており、諸外国と同様のハイレベルな施設でしたが、店も店員さんもお客さんも、全体的になんとなくゆる~い感じが漂っていました。

次に訪れたのが”旧(従来)”の商業施設、ボージョー・アウンサン・マーケットです。小さな店舗が、複雑に絡む狭い路地に所狭しと並んでおり、ロンジーなどの民族衣装やサンダルなどから宝飾品に至るまで、食品を除くミャンマーの生活必需品や土産物が全て手に入る感がありました。
施設としてはかなり古いのですが、何となく皆さんのんびりと商売していて、スリにさえ気を付ければ、中国の市場のように無理な押し売りもされないので、ゆっくりと見て回れます。
一般的な国民の月収は1~3万円と言われているミャンマーですので、全体的な物価は日本と比較してかなり安いです。おおよその感覚だと、1/5~1/10というところでしょうか。もちろん、デパート型施設にあるブランド品などは、日本と同様の値段です。

ミャンマーでは、現在、国の成長の潮流に上手く乗っている人たちが富裕層、中間層を形成しつつあるそうです。地価なども、20年前には1エーカーで20万円程度で買えた土地が、場所によっては数千万円~数億円単位に跳ね上がっているとのこと。街中を見ていても建設ラッシュで、様々な場所にビルの完成画予定図が掲示されていました。ただし、まだまだ貧困層の幅は広く、富裕層・中間層と貧困層との格差はますます拡大しているそうです。タクシーに乗って渋滞で止まっていると、赤ちゃんを抱えた裸足の女性が物乞いに来ることが何度もあり、切ない気持ちになりました。

ミャンマーにとっては、観光資源も重要なインカムのひとつだと思います。特に11月~2月は乾季のため、観光には良い時期です。直行便もあり、約8時間で到着します。(時差は、日本の方が2時間30分早い。)
ぜひ皆さんも一度、目覚ましい発展と昔のアジアの情緒が入り混じる仏教国ミャンマーへご訪問ください!

◆ガンドージー湖と遠景から見るジェダゴン・パコダ

 

 

「ビジネスフォーラム2017」[視察編]

[ビジネスフォーラム編]に続いて[視察編]をご紹介致します。

◆鉄道の旅
コタキナバルのTanjung Aru駅からPaparをむすぶ木炭列車ののんびりした旅に参加しました。

◆マラ公団参加の木工工場を視察

◆コタキナバル市内での夕食会

◆クアラルンプールのTwin Towers

 

マラ公団・オイスカ共催「ビジネスフォーラム2017」[ビジネスフォーラム編]

11月14日からマレーシアにおいて マラ公団・オイスカ共催で「第6回ビジネスフォーラム」(投資セミナー、商談会)開催されましたが、大谷代表を初め関係者が出席致しました。

今回の会場はマレーシア・コタキナバルにて行われ、マレーシアの企業家、企業幹部、政府関係者約1000人、日本からはオイスカの法人会員など約80人が参加して行われました。

フォーラムは3日間にわたり行われ①パネルディスカッション:マレーシアビジネスの今後の展望、②日本市場でのベンチャービジネス、③地元企業とのビジネスマッチング、④産地視察、⑤マレーシア財界人との意見交換会など、多岐にわたって実施されました。

オイスカの要請により従心会俱楽部も参加し、大谷代表夫妻、津久井シニアマネージャー、松本理事(東洋システム開発株式会社社代表取締役社長)、辻理事(東洋システム開発株式会社常務取締役)、平野理事(株式会社全笑社代表取締役社長)、鈴木理事(従心会倶楽部インドネシア支部長)、また、会員代表として阿南株式会社クレオ代表取締役会長、氏原コタキナバル駐在会員夫妻が出席いたしました。
また、オイスカ側からは中野オイスカインターナショナル副総裁、永石専務理事ほかマレーシアから多くの方も出席いたしました。

なお、大谷代表は「日本とマレーシアのビジネスマッチング」の要諦についてスピーチをいたしました。

◯マラ公団について
マレーシア地域開発省の組織で1966年発足。農村地域住民、青少年育成、教育、経済支援、起業家育成を実施。オイスカはその趣旨に賛同しマレーシアと日本の企業家の接点を見いだし両国の発展に寄与している。毎年マレーシア各地でビジネスフォーラムを実施し、多くの成果を上げている。

◆パネルディスカッション:”VENTURING INTO JAPANESE  MARKET” にパネラーとして登壇した大谷代表

◆夕食会で挨拶をされる中野オイスカインターナショナル副総裁

◆夕食会の模様

◆ビジネスマッチングの模様

◆地元サバ州経済局幹部との意見交換会

 

 

第6回サロン講演会を開催しました

11月20日、従心会俱楽部事務所にて、人間は変えられる(Brain Journey)・ 左脳(官僚的)・右脳(民主的)のメカニズム・ コミュニケーション、ギャップは何故起こるか?・頭脳の社会的4つの側面で、当従心会倶楽部の実践経営塾長・雨宮為男氏に講演頂きました。
講演終了後の懇親会では、各自の左脳、右脳の話で大変盛り上がりました。

株式会社七味屋本舗(法人会員)の幹部研修会を開催

10月28日、京都市「きりは研修ルーム」で、株式会社七味屋本舗(法人会員)の
幹部社員6名と福嶌社長が参加し、平成29年度方針フォロー研修を行いました。
講師陣に大谷代表、東洋システム開発松本社長、辻常務、従心会から津久井、君島が
参加しました。