カテゴリー別アーカイブ: インドネシアレポート

インドネシアレポート(第2号)

鈴木智治氏(ジャカルタ)
文化と習慣の違いを改めて気づかされたこと
この数日何時になくイライラと怒りが出てくることに自分でも驚きます。
30年来のインドネシアの友人が頚椎ヘルニアでオランダで手術をしたのです
が、3ヶ月後には癒着して足は引きずり、手の指も半分氷のように冷たく何と
かしてあげたいと中国に40年間住んでいる小生の日本人の友人が中国の針灸
師の有名な先生を紹介するという話から始まりました。
何度も先生がこちらに来られるとか、本人が中国に行くかで双方の調整がつか
ず、今回ようやく本人ご夫婦と通訳が中国の太原市という上海から飛行機で2
時間半のところに行く段取りになりました。
最初に中国にいる日本人の友人から3人の名前を至急知らせてとの電話があり
ました。何かハイシーズンで飛行機が取れないと急いでいる様子でした。
直ぐに3人の名前を伝えた翌日、今度はパスポート番号がないと予約が出来な
いとの連絡あり。それも直ぐ対応したところ翌日今度は針灸師の助手からパス
ポート コピーをスキャンして至急メールして欲しいとのメールを受信。
直ぐ手配したところご夫婦の分は直ぐ手配できたのですが、通訳の分は事前に
写しを取らずにVISA申請をした為、旅券は総領事館にあるので送れないと
のこと。
取りあえず二人分の旅券コピーをメールで中国に送付するように友人の秘書に
伝え、至急送付しないと国内便の手配が出来ないと!強調。
しかし5度送付しても相手が受信できないと言ってきたので、自分もパソコン
の知識はないのですがPDFにして送ったら。。。おそらく重過ぎるのだから
。。。と指示。最終的に何とか受信できたことを確認。
そんなやり取りを3日掛けてやった後に、要するに中国で国内便を予約するに
は旅券に書かれてある、名前、誕生日、番号、有効期限日が必要との事で、旅
券のコピーは後でも言いと言い出す始末。それなら最初から言ってくれよ。。
。と、こんなことには慣れていたはずなのに、いつの間にか日本人の自分の尺
度で怒っている自分が見えてきて恥ずかしく成ったことでした。
中国の人、中国に長年滞在している日本人、インドネシアに長年仕事をしてき
た小生、そしてインドネシアの友人、そしてそれらの助手、秘書が絡んでこれ
だけの行き違いが起き本当に疲れました。
インドネシア便り第1号に皆さんのおもてなしを出来る様に準備しますと書き
ましたが、何か自信がなくなる出来事でした。
これが政治問題になると更に複雑になると想像できて、引退して良かった?と
しみじみ思う日々です。
                               鈴木智治

インドネシアレポート(第1号)

鈴木智治氏(ジャカルタ)
従心会倶楽部の皆様、インドネシアのジャカルタに駐在しております鈴木智治
と申します。こちらでの居住も長期間になり、折々の雑感を送付させていただ
きますのでよろしくお願い致します。
このたび小生が長年ボランテイアで従事させていただいているオイスカと言う
NGOの関係者から、7月末から一週間ほど、香港、上海、広州、タイ、マニ
ラなどにあるオイスカ幼稚園の先生、約30名の研修をインドネシアで実施し
たいとの依頼があり、その調整で毎日多忙の日々を過ごしています。
公益財団法人オイスカは、1961年に設立され50年以上の実績のある環境、
農業、植林分野のNGOで、国連ECOSOCにも議席を有し、子供の森計画
では20年に亘り2000校で実施の実績と聞いています。その教育分野のオ
イスカカリッジの先生方が当国で研修をしたいとの事でプログラム作成に頭を
痛めているところです。
何故このようなことを従心会倶楽部の便りに書こうと思ったかと言いますと、
従心会の会員様を募って単なる海外旅行ではなく、皆さん各々の人生の蓄積を
更に豊かにし、且つ社会貢献に活かせるプログラムに昇華していただくお手伝
いが出来ないものか?と思考した次第です。
今回のプログラムの特徴として、次の点が挙げられます。
1.現地の学校と協力しての植林活動(マングローブ)
2.植林の心”身土不二”
   人と土は一体で生命のふるさと、植林活動はその心を植えること。
3.現地文化の比較研究
   世界遺産の”ボロブドール””プランバナン”を通して仏教、ヒンズー教に
   触れての日本文化との比較
4.幼児教育における比較研究
5.世界遺産ウオークで交流、リフレッシュ
インドネシアには、日本の皇室とは違ったサルタンと言う王宮が中部ジャワの
ジョグジャカルタやその隣のソロ市にあり、ちょうど日本の京都と奈良のよう
な地区です。ジョグジャカルタは長年京都と姉妹交流の関係にあり王女は黄金
の繭(蚕)でも知られています。
そのほか食事もバラエテイー豊ですし、スパもリーズナブルな価格で十分満足
できると思います。
近い将来従心会倶楽部の皆様の”おもてなし”が出来ますように準備しておき
たいと思います。
                       於 じゃかるた 鈴木智治